残り火

残り火


(灰燼)

歌手:五輪真弓
作曲:五輪真弓
作詞:五輪真弓
編曲:船山基紀

雨にうたれて 何故か悲しげな
ame ni utarete nazeka kanashi’nge na
花は かげろう 秋は 気まぐれ
hana wa ka’ngeroo aki wa kima’ngure
街の灯りが 蒼くにじむのは
machi no akari nga aokunijimu no wa
今はもどらぬ あなたのせいよ
ima wa modoranu anata nosei yo
だけどわたしは 今ここにある
dakedo watashi wa ima koko ni aru
愛の残り火で 色あせた枯葉を
ai no nokoribi de iroaseta karehao
もやしながら
moyashi na’ngara
過ぎた日のぬくもり
su’ngita hi no nukumori
手さぐりで さがしてる
tesa’nguri de sa’ngashiteru
人は季節におどる迷い子
hito wa kisetsu ni odoru mayoi’ngo

胸にのこされた 古い傷あとを
mune ni nokosareta hurui kizuato o
抱いて生きずく 恋はたそがれ
daite ikizuku koi wa taso’ngare
そして春を恋う 寒い涙さえ
soshite haru o kou samui namida sae
今はたよれぬ 行きずりの友
ima wa tayorenu yukizuri no tomo

※だからわたしは 今もう一度
 dakara watashi wa ima mou ichido
 めぐり来る季節の あら波に小舟を
 me’nguri kuru kisetsu no aranami ni kobune o
 うかべながら
 ukabe na’ngara
 あなたの知らない
 anata no shiranai
 誰かに身を寄せ
 dareka ni mi o yose
 夢路をたどるの あなたを忘れて
 yumeji o tadoru no anata o wasurete ※

Repeat ※

Please wait...
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments